【 精油の化学成分 】

精油の化学成分
精油の化学成分

植物は、蒸留中に元の植物(ハーブ)にはない多くの化学成分が生まれます。この精油成分は、植物自らが作り上げる成分なため相乗作用、相殺作用の相互作用の働きがあります。化学成分は難しいと思われがちですが、きちんと学んでいくと、とても面白い分野です。

 

☆資格をお持ちの方から、結局成分がよくわからなくて精油に手が伸びない、同じものしか使用できない、とのご要望にお応えしました。資格取得、プラクティショナーを受講されている方は全てを学びますので、必要ありません。

              約3時間 20,000円

 

【 生理解剖学 】

生理解剖学
生理解剖学

人間の体の構造や各器官、各々の働きを知っていると、精油を扱う上で瞬時に頭の中にイメージすることができ、症状に合わせて精油を選ぶこともでき、とても役に立ちます。

とても愉しく、わかりやすく作った内容になっています。

 

☆資格をお持ちの方々からのご希望にお応えしてできた内容なので、Plageの資格取得、またはプラクティショナーのコースを受講される方は必要ありません。

 

☆嗅覚器と鼻の機能、呼吸器系と肺の構造、脳の構造と下垂体とホルモンの関係、海馬と視床下部の働き、神経系、血液循環器系と肝臓の働き、リンパ球の働きと細胞、皮膚の構造、筋肉の流れ、消化器系、泌尿器系と腎臓の機能、内分泌系とホルモン。

 

                   約3時間 20,000円(テキスト、解剖図、基材込み)