【 アロマセラピー 】

ライセンス取得
ライセンス取得

【 ライセンス取得 】

 

アロマセラピーは、基礎をしっかり学ぶと、一生役に立つ分野です。

自分の体調や心の変化に合わせて 自由にブレンディングがいつでもできるからです。

自分だけではなく、家族、愛する人、友人、知人と周りの多くの人の役にも立てます。

そういうセラピストに育って欲しい思いで完成したテキストを協会のテキストと共に学んでいきます。

楽しんでください。

★理論

森の会話、錬金術と魔術、香りと記憶、精油の物理的性質、アリストテレスとリンネ、植物名の面白話、抽出部位の不思議、脂肪酸と油、ハイブリットな畑、鼻の不思議、光合成と原子の結合、化学成分と薬理作用

★生理解剖学

嗅覚器、呼吸器、肺循環と体循環、消化器系、細胞と生体組織、皮膚の構造、腎臓機能と泌尿器、脳と神経系、病理学とアレルギー、リンパと血液循環、内分泌系、免疫系とストレス、月経周期と子宮

★Workshop・・・ハンドトリートメント、表情筋とフェイストリートメント

★作成・・・バスソルト、化粧水、フェイスパック、ハンガリーウォーター、マウスウォッシュ、ヘアパック、スプレー、歯磨き粉、蜜蝋クリーム、香水

  

全14回 60時間 230、000円 (テキスト、使用する精油・基材、ディプロマ込み)※分割可 

※ 認定試験 年3回(2月、6月、10月)全国一斉開催。試験会場 当校 

 

【 プラクティショナー 】

ライセンス取得との違いは協会指定テキストを使用しない点です。その為、学んだ後 ライセンㇲ取得の為の試験は受験できません。

アロマセラピーを基礎から奥の深い部分までしっかり学び、自由にブレンディングができ、必要なものを何でも自分で作れるアロマセラピストを目指す内容も、イギリス、ドイツ、フランス様々な国でのエッセンシャルオイルにおける考え方とアプローチ法もライセンス取得と変わりません。

★理論

基礎理論、森の会話、錬金術と植物療法の歴史、香りと記憶、精油の物理的性質、アリストテレスとリンネ、学名とラテン語の理解、抽出部位の特徴、キャリアオイルの化学、光合成と原子の結合、精油の化学、ホリズムについて、精油のサトルエネルギー

★生理解剖学

嗅覚器、呼吸器、肺循環と体循環、消化器系、細胞と生体組織、皮膚の構造、腎臓機能と泌尿器、脳と神経系、病理学とアレルギー、リンパと血液循環、内分泌系、免疫系とストレス、月経周期と子宮

   

 全10回 40時間  180,000円(テキスト、使用する精油・基材、ディプロマ込み) ※分割可

 

【 2019年インストラクター認定試験 ※認定試験を受講される方必修の講習会/東京都指定校

認定試験 東京5月11日(土)、大阪5月18日(土)、北海道5月25日(土)

インストラクター講習会 4月20日(土)~5月19日(月)

東京指定校です。できるだけご希望の日時に添うようにしておりますので、申し込みの際はご希望の日時を2~3お知らせください。

    受講料 6,500円  【持ち物】テキストをご持参ください。

 

【 精油成分・解剖学 】

エッセンシャルオイルは薬理効果が高く、様々な症状に対応するため、人間の体の構造や各々の働きを知ることはとても重要ですが、解剖学を学んでいない方がとても多いので、こちらも既に資格を取得された方に対応する内容となっています。

また、アロマセラピーの学びの中で、精油の化学成分は難しいと思われがちですが、本当はとても面白い分野なのです。

各5時間  各30、000円 👆ホーム